←BACK  ■  NEXT→

The Butoh ――A dedication to Tatsumi Hijikata
 Part 2
Abyss of ”Quiet House”

 

 Now I am reeditting and rewriting "The Butoh"
Today I found this article that was forgotten it many years.
I want to share this with you with the fresh excitement at that moment.


 
215 Shadow of mind

What is "Shadow of mind" ?
I could not get it exactly until this year (2010).

"5. Something that was grasped as a shadow of mind

A girl who moves with subtle speed
The Christ who has gone slack
The Christ who was released with the slacked body
Kanchuin
Mad King’s hand – Bug, Bird , Stick
A sitting crane fly
These are almost danced by the waltz
Thus, the reduction by X and regeneration are flying off from the far away forest and the nest of eyes,
And “Shisha” participate with all of these
Someone, who appears in order to dance these things (or a Butoh dancer), has to be familiar with Bird’s fear and Bug’s fear.
And the girl becomes the horse face and stops there.
Also, another girl stands up and becomes a doll through a dragon fly.
All sways stop there."

When I was half asleep mode and saw this subtitles and keywords of Quiet House, the common charasteristic as Subbody came to light.

"The Red God
Being moved Qualia by unknown thing
Shisha
Soul and Spirit
Vaporizing
Something that was grasped as a shadow of mind
Bird’s fear and Bug’s fear
Can Factory
Dream of Horse Meat
Behind the mirror a wall of light
The dizziness, shivering and swaying shadow of flower
Mescaline"

All of these are various entrances for subbody ( Subconscious body) mode!

I have reminded that Hijikata wrote in his notebook;

"It is better to sleep than arbitrary destruction,
You should be in a state of being swaying between asleep and awake.
In other words, the wandering in foggy conscious state is important. "

(Unpublished draft)

That's right.
This is the body of subconscious mode, the Subbody itself.
Toward becoming that state, he tried to change various methods and approached to that subconscious body mode little by little.
Until this moment I have beleived that I've been digging foward the Subbody method by alone separately from Hijikata.
And finally I understood that Hijikata was also digging the exactly same tunnel.

"What can be caught as a shadow of mind" was exactly the Subbody itself.
If the mind represents a clear daytime consciousness, the shadow of mind means foggy, degenerative consciousness state, subconscious itself.
There time flows with a unique subbody speed, and infinite transformation is occurring.
It is the most familiar scene in the darkness of the body.
From the slow motion, to the waltz of the insect, very slow movement is the fundamental speed of the subconscious body.
It is sometimes changed variously, by the rhythm of insects and birds and bars.
By the reduction by X and regeneration which is jumping from the distant forest and nest of eyes.
The constant transformation continues.
The ancestral emotions, fear of the birds, scars of bugs.
The images of archetype which Jung discovered as collective unconscious contents.
Qualia flow that is further deeply rooted.
In a journey of the darkness of the body, I felt empathy that he was digging up the unexplored tunnels by alone.
Only the dying experiences surrounding Jung's "confrontation with unconsciousness", and Mindell's "Shamans Body" was reliance on the journey of the dark for me, before. I have felt so solitude.
However, Hijikata has traveled ahead of us, to what extent, and he has left footprints.

I didn't know why there was no choice for me but to struggle with "Quiet House"?
Why I was so obsessed and working on it desperately till now, the mystery finally solved.
"Quiet House" was the home of the subbody method.
He was meeting with friends of the same town across the spacetime.
Until now, being distracted by rhetoric unique to Hijikata,
Everything in the Quiet House is a journey of the darkness of the body so far.
I did not notice that it was familiar scenery.
What, what was that?
Hijikata was a pioneer of Subbody method from 50 years ago.

However, there is one big difference.
Hijikata's era, Hijikata alone got off this secret tunnel,
Creating various dances by touching the creativity of Life.
And Hijikata gave the choreography to the disciple including Yoko Ashikawa.
His disciples was not allowed to touch on the creativity of Life.
It was an era when the choreographer and the dancer classified in a stark manner.
Probably in Hijikata he became an alternative consciousness by himself, and only he could touch on the infinite creativity of Life and did creation that springs countlessly. He could not share the subbody method with others. It was hidden as a secret of himseparated he and disciples.
"The conditioning of Subbody method" that is able to share to enter the subbody mode and open infinite creativity of Life, this is the novel finding of Subbody method.

Subbody method is open to all.
Everyone digging up the dunning tunnel of the body through which Hijikata passed.
Now, you can touch the infinite creativity, originality and resonativity of Life as same as Hijikata.



Read more "The Butoh"


 
第4章 精神のかげり



5 精神のかげりとして捉えられたもの

  

   きわめて緩慢な少女

   のびきったキリスト

   のびきったままおろされたキリスト

カンチュイン

狂王の手―虫、鳥、棒

坐せるカトンボ

これらはワルツによってほとんど踊られる

そうして、Xによる還元と再生はあの遠い森や、
目の巣から飛び立っている、

尚、死者は、これらのものにことごとく関与している

これらを舞踏するために、登場する何者かは、鳥のおびえ、
虫のおびえに、通じていなければならない。



精神のかげりとして捉えられたものとは何なのか。
去年までどうもしっくりつかめていなかった。
だが、なんだか変なことが感じられる。
それが何か、これまでよくわかっていなかった。
ある日、小見出しをうつらうつら眺めていると、
あぶり出しのように全体像が浮かび上がってきた。


赤い神様
死者
魂と精霊
気化
精神のかげり
馬肉の夢
鏡の裏
ふるえ
メスカリン手


「静かな家」の各節の小見出しあるいはキーワードを
羅列してみると、一つのことが見えてくる。
土方はこれらの総合によって心身のある状態を
醸成しようとしていたことが。


「恣意的な破壊よりは、眠りだけでよい、
しどろもどろでよい、もうろうとした状態でよい。
つまり、曖昧な意識のさまよいが重要だ。

(未発表草稿)

そうなのだ。
これは下意識のからだ、サブボディそのものである。
その状態に、手を変え品を変え角度を少しずつ変えてアプローチしている。
わたしは、そうと知らずに土方とは別にサブボディメソッドを
掘り進めてきた。
そしてここへきて、やっと分かった。
土方もまた、まったく同じ坑道を掘り進んでいたことに。

「精神のかげりとして捉えられるもの」とはサブボディのことだ。
精神が明晰な昼間の意識を表すとしたら、
精神のかげりとは、もうろうとした影の意識、
変性意識状態、サブコンシャスそのものだ。
そこでは独特のサブボディ速度で時間が流れ、
無限の変容が起こっている。
からだの闇でもっとも見慣れた光景だ。

微速動から、虫のワルツへ、
きわめて緩慢な動きは下意識のからだのもつ基本的な速度である。
それがときにさまざまに変奏される。
虫や鳥や棒のリズムによって。
遠い森や目の巣から飛び立っているXによる還元と再生によって、
絶え間ない変容流動が続いている。
鳥のおびえ、虫のおびえという祖型的な情動や体動は、
ユングが発見した集合的無意識の内容である元型的なイメージの
さらに深層にたゆたうクオリア流である。
わたしはからだの闇の旅で、
前人未踏の坑道を掘り進んでいるのだとばかり思っていた。
ユングの「無意識との対決」をめぐる瀕死の体験記や、
ミンデルの「シャーマンズ・ボディ」だけが闇の旅の頼りだった。
だが、なにからなにまで、土方が私たちより先に旅し、足跡を残している。

なぜ、「静かな家」が気になって仕方がなかったのか。
なぜ、こんなに執着して取り組んできたのか、その謎がやっと解けた。
「静かな家」はサブボディメソッドのふるさとだったのだ。
同郷の友と時空を隔てて邂逅していたのだ。
これまで、土方独特のレトリックに気を取られて、
静かな家でであうものがみなこれまでのからだの闇の旅で
見慣れた風景であることに気づかなかった。
なんだ、なんだ、そうだったのか。
土方はサブボディメソッドの先駆者だったのだ。

ただ、おおきな違いがひとつある。
土方の時代は、土方一人がこの秘密の坑道を降り、
生命の創造性に触れてさまざまな舞踏を創造した。
そして土方はそれを芦川羊子をはじめとする弟子に振りつけた。
弟子にはこの生命の創造性に触れさせようとはしなかった。
振付家と踊り手という区分が画然と存在していた時代だった。
おそらく土方には自分がもうろうとした変性意識状態になって
生命の創造性に触れ、無数に湧き上がってくる創造をこなすだけで
精一杯で、他の人をその変性意識状態に導く「調体技法」を
確立する発想も余裕もまったくなかったのだ。

サブボディメソッドは、万人に開かれている。
誰もが土方が通ったからだの闇の坑道を掘り進んで
生命の無限の創造性に触れることができる。




「舞踏論」をもっと読む


Back to Subbody School Homepage